広島市中区の耳、鼻、喉の専門医、耳鼻咽喉科、内科、呼吸器科、アレルギー科

診療案内

診療科目

耳鼻咽喉科 全般、内科 全般、呼吸器科 全般、アレルギー科 全般

杉本クリニックは下記の治療も行っております。

花粉症

花粉症の原因物質は多様化しています。花粉症の治療は専門的な知識に基づき、正しく早めに行ないましょう。[花粉症と対策]

果物アレルギー 口の中にかゆみ、唇腫れがでる人が増えています。花粉症との関連がある新しいタイプのアレルギーと考えられています。 [果物アレルギー

アレルギー性鼻炎

ダニ、ホコリ、カビ、鳥獣類の毛、牛乳、卵、大豆など年間を通して存在するアレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)が体内に侵入することで、鼻の粘膜にアレルギー反応を起こす病気が通年性鼻アレルギー(アレルギー性鼻炎)です。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりが朝夕に発作的に起こるならアレルギー性鼻炎かも。症状から見分ける方法を解説[その症状・・・アレルギー?風邪?インフルエンザ?

アレルギー性鼻炎(通年性アレルギー性鼻炎)2015年5月に登場した新たな治療法。アシテアダニ舌下錠が保険適用となりました。自宅で治療が可能となりました。[通年性鼻アレルギー性鼻炎

めまい

めまいには突発性難聴、中耳炎によるめまい、メニエール病などさまざま。自己判断せずに耳鼻科に相談しましょう。[めまいはなぜおこるのか

耳鳴(耳鳴り)

めまい、耳鳴り、難聴はまず耳鼻科の受診をしましょう。内耳、中耳、三半規管の病気が考えられます。[耳鳴へ

突発性難聴

急に片耳が聞こえなると同時に耳鳴りを伴います。突発性難聴は直ぐに治療するこ、安静にすることが大切です。[突発性難聴

急性低音障害型感音難聴

低い音域のみ聴力が急に低下する原因不明の難聴。聞きづらさより、耳の閉塞感、耳鳴りを強く自覚する人が多い。改善率は60-80%と突発性難聴より高いが、再発率も30-40%と高い。[低音障害型難聴

メニエール病

激しいめまいや耳鳴りが特徴的。有酸素運動で症状改善例が多数報告されている。[メニエール病

SAS

睡眠時無呼吸症候群及びCPAPによる治療。[睡眠時無呼吸症候群01

ちらのページでは睡眠時無呼吸症候群のセルフチェックシートを掲載しています。併せてご覧ください。[睡眠時無呼吸症候群02

小児の睡眠時無呼吸症候群はこちらから。[小児の睡眠時無呼吸症候群

AGA

若い世代でも悩みの多い男性型脱毛症治療、精神面の悪影響も懸念され、薬物による治療が普及してきました。[男性型脱毛症(AGA)

 

その他耳鼻咽喉科、内科、呼吸器科、アレルギー科の健康相談

 

耳鼻咽喉科・内科・呼吸器科・アレルギー科 TEL 082-241-4187 月曜日午前中のみ 9:00~11:30
休診日 日曜日・祝日

PAGETOP
Copyright © 杉本クリニック All Rights Reserved.