広島市中区の耳、鼻、喉の専門医、耳鼻咽喉科、内科、呼吸器科、アレルギー科

秋こそダニ対策–フン・死骸 増えるアレルギー

秋こそダニ対策 フン・死骸 増えるアレルギー

秋になると、ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が感化する人が増える。夏の間に繁殖したダニのフンや死骸が家の中にたまるためだ。効果的な部屋の掃除や寝具のお手入れ方法を専門家に聞いた。
ダニは高温多湿を好む。室温20~30度、湿度60~80%が特に育ちやすい環境で、梅雨から夏に最も繁殖し、フンを排出。寿命は約3~4か月とされ、9、10月の秋にかけて大量に死ぬ。
ダニによるアレルギーが秋に目立つのは、生きているダニだけでなく、死骸やフンで起こることが多いためだ。これらは目に見えないほど小さく、ハウスダスト(ホコリ)にくっついている。日本大学医学部呼吸器内科教授の橋本修さんは「ダニやフンを含んだホコリが、鼻や目、皮膚から取り込まれるとくしゃみや鼻水、せき、かゆみなどのアレルギー症状を引き起こします」と指摘する。
どんなに駆除してもダニをゼロにはできない。アレルギー症状の予防、改善に、はハウスダストを抑えることが有効だ。「効果的な掃除や手入れで、ホコリを出さない、、増やさない室内環境を整えることが大切です」と橋本さん。
清掃用品レンタルのダスキン(大阪府)は、2011年から専門医らと協力し、小児ぜんそくの子の家庭でダニアレルギーを減らす掃除手法を研究してきた。同社開発研究所研究員の前田親男さんは「掃除のやり方を間違えるとかえってホコリをまき散らす」と注意を促す。
掃除機を使うと、排気などでホコリが舞い上がるおそれがある。一度舞い上がったホコリは数時間空中を浮遊し、かえって除去しにくいフローリングなどの床の場合は、モップや床ふき用のシートなどでまず拭いて、ホコリを除いてから掃除機をかけるようにする。カーぺーっとは最初から掃除機を使うが1平方メートル当たり20秒を秒を目安ににゆっくり動かし、縦方個にも横方向にもかける。
紙パック式でない掃除機の場合はたまったごみを捨てる際にホコリが広がらない工夫が必要だ。「掃除は人の動きがなく、床にホコリが落ちきったタイミングの起床時や帰宅時が効果的です」と前田さん。
湿度にも気を使いたい。部屋は窓を開けてこまめに換気し、エアコンの除湿も上手に使う。前田さんは「ダニ対策には除湿が大切。湿湿度計を各部屋に置き、湿度が60%以上にならないように気を配って」と助言ている。

天日干しでは不十分布団乾燥機の活用を

ダニが特に好むのが寝具だ。布団のダニ退治は天日干しだけでは不十分。寝具メーカー、西川産業(東京)の速水美智子さんは、「布団乾燥機でダニが死滅する温度まで上げ、乾燥後に布団の表面に掃除機をかければ、ダニの死骸などが取り除けます」と話す。掃除機はゆっくりかけるのがコツ。布団の頭の部分や足元、縫い目の部分は重点的に。
ダニのフンや死骸は水で洗い流せる。水洗いできる布団や毛布なら丸洗いが効果的だ。大型の洗濯機や乾燥機を備えるコインランドリーを利用したり、最近なら布団を丸洗いする業者に頼んだりもできる。シーツやまくらカバーはこまめに洗濯して取り替えたい。
布団の買い替え時期なら、ダニが入り込みにくい、生地の目が細かい素材の寝具や、ダニが好まない合成繊維の布団を選ぶのもよいという。敷布団の下に敷く除湿シートや、ダニの侵入を防ぐ素材の寝具用カバーも市販されている。

家庭でもできるダニ対策の注意点

マダニ対策

*床にものを置かないなど掃除しやすい環境を作る
*フローリングの床は掃除機をかける前にふき掃除する
*簡単な掃除をこまめにする
*カーペットに掃除機をかける際はゆっくり
*窓を開けたり、エアコンの除湿機能を使ったりして湿気を逃がす
*布団や毛布で洗えるものは水洗いする
*布団は天日干しでは不十分。パンパンたたくのは死骸やフンをより細かくするので逆効果

以上「読売新聞2017.8.31」より

耳鼻咽喉科・内科・呼吸器科・アレルギー科 TEL 082-241-4187 月曜日午前中のみ 9:00~11:30
休診日 日曜日・祝日

PAGETOP
Copyright © 杉本クリニック All Rights Reserved.