広島市中区の耳、鼻、喉の専門医、耳鼻咽喉科、アレルギー科、呼吸器内科

抗生物質 風邪には不要

  • HOME »
  • 抗生物質 風邪には不要

なぜ医師は処方するのか

抗生物質 風邪には不要 なぜ医師は処方するのか
 ほとんどの風邪に抗菌薬(抗生物質、抗生剤)は効かない。しかし、その事実を知らない人が今も多いことが、最近の複数の調査で明らかになった。風邪に抗菌薬を処方する医師も少なくない。なぜ国民の誤解と医師の不適切な処方が改まらないのか、背景を探ってみた。
 内閣府は2019年10月、抗菌薬などに関する世論調査の結果を発表した。それによると、抗菌薬が「風邪やインフルエンザなどの原因となるウイルスには効かない」と正しく知っていたのは37.8%のとどまった。
 また、国立国際医療研究センター(東京都新宿区)が8月、全国の10代以上の男女688人にインターネットで実施した調査では、「抗菌薬は風邪に効果がある」との質問に「あてはまる」との誤回答が45.6%にのぼった。この結果は欧州連合(EU)諸国に比べてもかなり高い。
  ウイルスと最近は別物だ。風邪の9割以上はウイルスが原因で、最近の増加を抑える抗菌薬は効かない。この事実は近年明らかになったわけではなく、医学の世界では昔からの常識だ。厚生労働省も風邪には使わないよう推奨している。

 

耳鼻咽喉科、アレルギー科、呼吸器内科 TEL 082-241-4187 月曜日午前中のみ 9:00~11:30
休診日 日曜日・祝日

PAGETOP
Copyright © 杉本クリニック All Rights Reserved.