広島市中区の耳、鼻、喉の専門医、耳鼻咽喉科、内科、呼吸器科、アレルギー科

PM2.5ぜんそく発作増加

兵庫医大調査 週平均20マイクログラム境に

健康への影響が心配されている微小粒子状物質「PM2・5」について、濃度が週平均値で1立方㍍当たり20マイクログラム程度を境に、発作を起こすぜんそく患者が増えるという結果が、兵庫医大の島正之教授(公衆衛生学)らの研究チームの調査で出た。子どもと高齢の患者で影響が出やすいのも確認された。金沢市で開かれている日本衛生学会で26日に発表する。

研究チームは、発作を起こしたぜんそく患者数を1週間ごとに集計している兵庫県の姫路市医師会の協力を得て、昨年1~7月の同市内のPM2・5の濃度の変化との関連を調べた。
期間中のPM2・5の濃度は週平均値で12・1~32・1マイクログラムの範囲で、患者数は1週間で187~314人だった。

統計解析の結果、週平均値でPM2・5の濃度が15・8マイクログラム以下の場合に比べ、19・7~24・5マイクログラムの場合は発作患者数が14%増、24・5マイクログラム超で19%増となり、明確な差が出た。15・8~19・7マイクログラムの場合では差が出なかった。年齢別でみると、PM2・5が8・7マイクログラム増えるごとに、14歳以下で24%増、65歳以上で12%増と影響を確認できたが、15~64歳では明確な差がなかった。
環境省は2月につくった注意喚起の暫定指針で、日平均値で70マイクログラムを目安とし、ぜんそく患者らはそれ以下でも影響が出る可能性があるとした。週平均値と日平均値は単純比較できないが、調査期間中の日平均値は最大でも62。7マイクログラムだったため、それが裏付けられたと言える。

島さんは「ぜんそく患者は20マイクログラム程度の濃度でも影響を受ける人がいるが、個人差も大きい。屋外で息苦しさを感じたら、激しい運動をさけ、建物内に入るとともに、治療薬を使って呼吸の管理をしっかりとすることが大切」と話す。

-朝日新聞より

健康・医療のヒント

耳鼻咽喉科・内科・呼吸器科・アレルギー科 TEL 082-241-4187 月曜日午前中のみ 9:00~11:30
休診日 日曜日・祝日

健康・医療のヒント

PAGETOP
Copyright © 杉本クリニック All Rights Reserved.