広島市中区の耳、鼻、喉の専門医、耳鼻咽喉科、内科、呼吸器科、アレルギー科

幼児ご用心急性中耳炎

風邪を機に菌増殖 強い傷み

風邪を引いて耳に強い痛みが起こる急性中耳炎は、幼児によく見られる。「悪化すると鼓膜を切開してうみを出す手術が必要になるので、早めに治療してください」と、やじま耳鼻咽喉科(埼玉県)の矢嶋裕徳院長は話している。

急性中耳炎では、高熱が出て難聴になることもある

耳の穴の入り口から鼓膜までが外耳で、その奥が中耳、さらに内耳と続く。中耳は、耳管という細い管で鼻の奥とつながっている。「鼻の奥の上咽頭には、常にいろいろな菌が生息しています。健康なときは菌は静かにしているが、風邪を引いて体調を崩すと、鼻水が多く出るようになり、菌も増えます。増殖した菌が、耳管から中耳に入ってきて炎症を起こすのです」

保護者が注意を 悪化すると鼓膜手術

急性中耳炎は大人にも起こるが、乳児から幼稚園児までの毎代に多く発症する。耳が痛くなるので、機嫌が悪くなってむずがり、高熱で難聴になることもあるので、保護者が注意深く様子を見ることが大事だ。 「治療では、症状に応じ悪化すると症状に応じて抗生物質や消炎鎮痛剤を処方します。早く治療すると一週間ほどで治りますが、放っておくと悪化して鼓膜切開の手術が必要となることもあります」

静かに鼻をかむ

予防は、まず風邪を引かないようにすること。また、鼻水が出たときに強く鼻をかむと、圧力で菌が中耳に侵入するので、片方ずつ静かにかむようにする。鼻がかめない乳児は、耳鼻咽喉科で鼻水を吸引してもらうといい。 また、治療中に症状が改善しても・薬の服用を中断してはいけない。、「急性中耳炎の治りかけに蓼出(しんしゅつ)性中耳炎にかかることがあります。痛みがないので気付きにくいが、治療しないと難聴や癒着性中耳炎などになることもあるので、医師の指示通りに服薬を続けてください」と、矢嶋院長はアドバイスしている。

中国新聞 平成19年11月21日 夕刊より

耳、鼻の病気は杉本クリニックにご相談下さい。

健康・医療のヒント

耳鼻咽喉科・内科・呼吸器科・アレルギー科 TEL 082-241-4187 月曜日午前中のみ 9:00~11:30
休診日 日曜日・祝日

健康・医療のヒント

PAGETOP
Copyright © 杉本クリニック All Rights Reserved.