広島市中区の耳、鼻、喉の専門医、耳鼻咽喉科、内科、呼吸器科、アレルギー科

治りにくい「急性中耳炎」

子どもの耳痛くなり発熱

耳が痛くなって発熱、聞こえにくくなるなどする子どもの急性中耳炎は、以前に比べて治りにくくなった。治療薬が効きにくい耐性菌が増えたのが原因だ。それでも「ペニシリンを有効に使えば、耐性菌を増やさずに治療できる」と専門医は指摘する。

耐性菌増加が要因 うみ出しペニシリン投与

「急性中耳炎は、肺炎球菌が原因だと23・0%、インフルエンザ菌(インフルエンザウイルスとは別の細菌)だと14・7%が再発する」。和歌山県立医大の山中昇教授(耳鼻咽喉科)は、この二種類の病原菌対策が重要だと話す。 二つの菌は、一歳までに五-三割の子どもで鼻に常在するようになる。肺炎球菌は肺炎や髄膜炎の原因にもなり、高齢者も注意が必要だ。子どもでは、鼻と耳をつなぐ耳管を通って中耳に感染すると中耳炎を発症する。

治療にはペニシリンやセフェム系の抗生物質を使うが、山中教授によると、中耳炎の子どもから分離した肺炎球菌の八割、インフルエンザ菌の六割は、耐性菌になっている。

保育園に通う七カ月の女児が発熱、抗生物質と解熱剤を処方され、熱はいったん下がった。だが一週間後に再び高熱が出て、耳の後ろが大きく腫れた。重症の急性中耳炎だ。そこで山中教授らは、鼓膜を切開してうみを出し、ペニシリンを注射。女児は回復し、五日後に退院した。

耳だれで特定

神奈川県の耳鼻咽喉科クリニックには、発熱、鼻水、耳が聞こえにくいといった症状の子どもを連れた親が相次いで訪れる。中耳炎も多く、医師は耳だれを検査し病原菌を特定。特に治りにくい場合は、局所麻酔をして、鼓膜内からうみを出し、中を乾かすためのごく細いチューブを入れる処置をする。

山中教授によると、急性中耳炎の三分の一は一カ月たっても治らない。「うみを出し、薬で十分たたく。そうすれば耐性菌も増えない」。切開した鼓膜は、間もなくふさがるので心配ない。

一日三回の薬を二回しか飲まないのは駄目。薬は必要な回数を守らないと効果がない。耐性菌は抗生物質を多用するほど増える傾向があり、欧米に比べセフェム系の使用量が多い日本では、ペニシリンの耐性はセフェム系より少ない。耐性菌に対しても十分な濃度のぺニシリンは効くという。

日本耳科学会などは二〇〇六年、鼓膜の状態から重症度を分類、軽症の場合は三日間抗生物質は投与せずに経過をみて、中等症以上ではペニシリンなどを使うなどとする小児の急性中耳炎診療ガイドラインを定めた。

予防に手洗い

山中教授らはガイドラインに先立ち、二〇〇〇年から切開とペニシリン投与を基本とする治療を開始。効果があると確かめていたが、この方法は耐性菌も増えにくい。

子どもが鼻に入れた指を介して菌は周囲に広まることが多く、山中教授は予防には手洗いが重要と強調する。また中耳炎を起こしやすくする鼻詰まり対策として、鼻水を吸い取る器具などを使い「親は子どもの鼻をきれいに保つようにしてあげてほしい」と話している。

中国新聞-健康と医療より

中耳炎の疑いがある場合は早めにご相談下さい。

健康・医療のヒント

耳鼻咽喉科・内科・呼吸器科・アレルギー科 TEL 082-241-4187 月曜日午前中のみ 9:00~11:30
休診日 日曜日・祝日

健康・医療のヒント

PAGETOP
Copyright © 杉本クリニック All Rights Reserved.