広島市中区の耳、鼻、喉の専門医、耳鼻咽喉科、内科、呼吸器科、アレルギー科

食物アレルギー「食べて治す」慎重に

治癒は半分以下「経口免疫」厚労省

朝日新聞より

 食物アレルギーの原因となる食物を食べて治す「経口免疫療法」と呼ばれる治療法を受けても、治ったと言える患者は1~5割程度にとどまり、重い副作用を経験する例も多いことが、厚生労働省の研究でわかった。研究班は診療指針を改定し「現時点で一般診療として推奨しない」とした。

摂取量を増やしながら症状が出ないようにする治療法はまだ研究段階だが、研究班の調査では49施設が実施、1千人以上が受けていた。

研究班は、卵や牛乳、小麦を摂取すると、じんましんや呼吸困難など複数の症状が出る子ども179人を治療した国立病院機構相模原病院の事例を分析。原因となる食物の目標量(鶏卵1個、牛乳200㍉リットル、うどん200㌘)を3カ月間取り続けても、アレルギー症状が出なかった患者に対し、2週間休止した後、食物をもう一度摂取して症状が出ないかどうかを確認した。治療開始後1年の時点で、7~8割の患者は食べ描けている間は症状が出ない状儀に持ち込めたが、休止期間後も症状が出ず「治った」と診断されたのは、卵で38%、牛乳で10%、小麦で50%。3~5割が惑い副作用を経験した。

主任研究者の同病院の海老湛元宏さんは「治療法への期待は高いが、全員が治るわけではない。副作用も重く慎重に行う必要がある」と話す。

アレルギーの治療には専門医にご相談ください。

健康・医療のヒント

耳鼻咽喉科・内科・呼吸器科・アレルギー科 TEL 082-241-4187 月曜日午前中のみ 9:00~11:30
休診日 日曜日・祝日

健康・医療のヒント

PAGETOP
Copyright © 杉本クリニック All Rights Reserved.