広島市中区の耳、鼻、喉の専門医、耳鼻咽喉科、内科、呼吸器科、アレルギー科

子宮がん検診

子宮頸がん検診

広島市医師会理事 新甲さなえ先生 (産婦人科)

「検診シリーズ」として、病気の予防や早期発見に役立つ情報を発信していきたいと思います。1回日は子宮がん(頸がん・体がん)のうち、今、若い女性の間で増えている「子宮頚がん」の検診について、広島市医師会理事新甲さなえ先生にお話をうかがいました。

◆子宮頸がんとはどのような病気ですか?

子宮頭がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染によって、子宮の入り口付近に発生するがんのことです。
HPVは遺伝子の型によって約100種類に分類され、そのうちの約15種類が子宮頸がんを発症させるといわれています。特にハイリスクな16型・18型HPVが、子宮頸がん患者の60~70%(日本)、80%(欧米)から検出されています。
HPVは性行為の経験があれば誰でも一度は感染するごくありふれたウイルスで、ほとんどが自己免疫の力で自然に排除されます。しかし感染が長期化(持続感染)すると、数年~十数年後にがんになるといわれています。

hpv01

◆若い人に増えているというのは本当ですか?

特に出産適齢期とされる20~30代の女性に急増しています。その原因として、初交年齢の若年化と、若年層の検診受診率の低さが挙げられます。
がんは高齢者の病気というイメージが強いようですが、胃がん・大腸がん・肺がんなど、主に生活習慣に起因するがんは40代以上に発症のピークがあるものの、唯一子宮頸がんだけが20代~30代に急増しています。ちなみに乳がんも30~40代に増加していますが、20代での発症はまだ少数です。

子宮頸がんは性交経験がある女性は誰でも発症する可能性があり、しかも初期のがんまでは自覚症状も全くありません。進行して発見されると、子宮を残す治療ができなくなるため、子どもが生めなくなってしまうのです。

hpv02

 

◆何歳から検診を受ければいいのですか?

性交経験のある女性は、20歳になったら毎年検診を受けましょう。初めての性的接触(初交)でHPV感染を受けると、早くて3年で子宮頸がんを発症することもあるため、初交がら3年以内に最初の検診を受けたほうが良いでしょう。厚生労働省では2年ごとの検診を勧めていますが、子宮頸がんの中でも腺がんという進行が早いタイプは早期発見が難しいため、可能な限り毎年検診を受けるようにしてください。

◆どのようにして検診を受けたらいいのですか?

子宮頭がん検診は、産婦人科に行けばどこでも受けることができます。
現在20歳以上の女性には、市町から2年に1回検診の案内が送られており、この案内はがきを持参すれば1.000円で受けられます。職場などで定期検診を受ける機会がない方は、市町保健センターに電話で申請すれば案内が届くようになります。
現在は、検診率の上昇を目指して、20歳から40歳まで5歳間隔で無料クーポンが送られます。これを持参すれば無料で受けることができます。いずれも期限がありますので、よくご確認ください。

hpv03

◆検査を受けるときに痛みはありますか?

やわらがいブラシや小さなへラのような器具で子宮頭部から細胞を取り、染色後、細胞検査士や資格を持った医師が、顕微鏡によって異常細胞を探します。細胞を取る際に、若干の違和感と検査後多少の出血はあるかもしれませんが、痛みはほとんどありませんし、検査は数分で終了します。施設によって異なりますが、約1週間で検査結果が出ます。

◆”要精検”あるいは”要再検”の結果が出たらどうすればいいのですか?

子宮頸がん検診の主な目的は、異形成(前がん病変※Word Box参照)を発見することにありますので、精密検査が必要と判定された方すべてが、必ずしもがんを疑われているわけではないことを知っておきましょう。
要精検、あるいは再検査が必要となった場合には、まず産婦人科で二次検査を受診しましょう。
もし、二次検査で子宮頸がんと診断されても、症状のない初期がんまでに発見されれば、子宮頭部の処置(レーザー蒸散や円錐切除術)で完治しますので、子宮をとる必要はありません。しかし、進行した状態で発見されると、子宮および腔・リンパ節などを切除する大きな手術などが必要になります。子宮を守るためにも定期的に検査を受けることがもっとも大切です。

子宮頸がんは、ワクチン接種と定期的な検診の2つを徹底することで予防できるがんです。
ワクチン接種で予防できるのは全体の約70%なので、接種後も検診は必要です。ワクチン接種率と検診率を80%以上に上げることができれば、子宮頸がんは制圧可能ともいわれています。

ワクチン接種はもちろんのこと、皆さんに検診を受けていただきたいと思います。もしも検診で異形成が見つかった方は、決して気を落としたり不安になったりすることはありません。むしろ、がんになる前に発見できたことをラッキーと思ってください。

Dr.A&A 前立腺がん

Q. 子宮頸がん予防ワクチンは何歳になったら接種するの?

A. 10歳以上なら、誰でも接種可能です。何歳で接種してもウクチンの効果はあります。性的行動が活発になる前に接種を済ませておくこと、一般的に若年者のほうがより高い抗体価が獲得できることを理由に、諸外国でも中学生の年代を中心に接種が行われています。当然のことながら、成人女性でも接種後の感染予防効果は十分得られます。

Q. どこで接種すればいいの?

A. 現在、婦人科・小児科以外でも一般診療所の多くがこのウクチンを取り扱っています。ほとんどの場合、予約が必要ですので、受診される前に、お電話などでお問い合わせください。

Q.費用はどのくらいかかるの?

A.平成23年~24年度は、中1~高1の女子に対し、公的補助がなされていますので、負担金はなしで接種可能です。これを機会にぜひとも接種いただきたいと思います。それ以外の年代の方は、医療機関によって異なりますが、最低でも1回15.000円~、3回接種で45,000円~かがりますので、公的補助が適用されるうちに接種を行いましょう。

Q・費用はどのくらいかかるの?

A.平成23年~24年度は、中1~高1の女子に対し、公的補助がなされていますので、負担金はなしで接種可能です。これを機会にぜひとも接種いただきたいと思います。それ以外の年代の方は、医療機関によって異なりますが、最低でも1回15.000円~、3回接種で45,000円~かがりますので、公的補助が適用されるうちに接種を行いましょう。

Q.副作用の心配はあるの?

A. 子宮頸がん予防ワクチンといっても、HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するためのワクチンですので、他の感染予防ワクチンと同様と認識されて問題はありません。特別な副作用は現時点では報告されていません。

Q.ワクチンを接種すればがんにならないの?

A.9年間にわたる臨床試験成績では、規定通りに3回接種をすれば、感染予防に十分な抗体価が維持されていることが明らがとなっています。統計学的シミュレーションでは、現時点では生涯1接種で予防可能とされています。

Word Box:子宮頸がんと異形成(前がん病変)

子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)感染からがんになるまでの自然史が明らかになっています。
正常上皮にHPVが感染すると前がん状態になり、約半数は自己免疫の力で自然に治りますが、感染が持続すると数年かかってがんに進行します。この前がん状態を病理組織学的に”異形成”とよび、軽度⇒中等度⇒高度異形成というように進行してきます。若年者の場合、軽度・中等度異形成の約半数は自然治癒しますが、いずれも3か月~1年に1回の定期検診を受けておくことが大切です。

キラリVol31 Summerより(編集・発行 社団法人広島市医師会)

健康・医療のヒント

耳鼻咽喉科・内科・呼吸器科・アレルギー科 TEL 082-241-4187 月曜日午前中のみ 9:00~11:30
休診日 日曜日・祝日

健康・医療のヒント

PAGETOP
Copyright © 杉本クリニック All Rights Reserved.