広島市中区の耳、鼻、喉の専門医、耳鼻咽喉科、内科、呼吸器科、アレルギー科

骨粗しょう症の基本知識

骨粗しょう症の基本知識

健康寿命を損なう原因のひとつが、骨折・転倒で、骨粗しょう症や骨折の予防は欠かせません。骨粗しょう症予防には、日頃の適切な栄養と運動の積み重ねが重要です。

骨粗しょう症、骨折を予防して健康長寿を目指しましょう!

骨の密度が粗くなったり、細く切れたりして、スカスカの状態になるのが骨粗しょう症です。骨は細胞の吸収と形成を繰り返しながら、骨全体の約30%が毎年新しく生まれ変わっています。この循環が働かなくなれば、骨の密度が少なくなり、骨粗しょう症が進行します。その結果、骨がもろくなり、日常生活の動作で骨折する危険性が高まります。

女性の骨粗しょう症による骨折は男性の2倍!

女性が多い理由には閉経後のホルモン減少が大きく関わっています。女性の骨密度は閉経を迎える40歳代後半から急激に低下、70歳代の骨密度は20歳代の約7割になると言われています。

bone_density

気づいていない人が全体の3分の2!骨粗しょう症

bone_density2骨折して、また、腰や足の付け根に違和感があるなど、必要に迫られて医療機関へ行く人は3分の1しかいません。つまりレントゲンで検査したとき、初めて骨粗しょう症と診断されるのがほとんどです。
骨粗しょう症で背骨が骨折していても何となく生活している人が多いのです。

気を付けたいのは背骨骨折と足の付け根骨折!背骨の骨折の影響

fracture骨粗しょう症が原因となる骨折は、背骨・腰骨、足の付け根が多くなっています。例えば50歳の女性が生涯に骨折する危険性は、背骨・腰骨で40%、足の付け根も約14%とされています。
次のような症状があれば要注意です。骨粗しょう症による背骨骨折の可能性があります。

———–背骨の骨折の影響———–
● 急性・慢性の腰背痛
● 日常生活動作の制限
● 肺の機能低下
● 消化不良
● 心臓の血流障害
● 胃液逆流

骨粗しょう症の原因は?

*栄養*
カルシウムやビタミンDの不足があります。これらの栄養素が不足すると骨がうまく生まれ変わることができなくなります。

*運動*
筋肉を刺激することが骨への刺激になるため、運動不足は骨へ悪影響を与えます。

*喫煙や過度のアルコール*
骨密度を減少させる原因であると言われています。

骨粗しょう症はどうやって調べる?
~簡単な自己チェック方法と広島市の検診のご紹介~

年齢と体重から骨粗しょう症の危険度をチェックできます。

骨粗しょう症の自己チェック  [体重(kg)-年齢(歳)]×0.2(小数点以下切り捨て)

点 数   骨粗しょう症の可能性
-4点   高リスク:骨密度測定が必要
1-から-4 注リスク:骨密度を考慮する
-1より大 低リスク:すぐに骨密度測定の必要なし
骨折の危険性をインターネットで判定できます。
FRAXで検索、WHO骨折リスク判定ツールに必要事項を入力ください。
frax

隠れた背骨の骨折が見つかることがあります。

1.柱を背にして立ったとき、柱に頭が付かない
2.自分の40歳代のときの身長から2cm以上身長が低くなっている

bone_density3上記2点が当てはまる場合はぜひ検査を!

広島市の骨粗しょう症検診をご利用下さい。<平成27年度の対象者> 対象の方はぜひ積極的に健診を!
広島市内に居住する人で、受信日の年齢が女性は20歳から5歳間隔の人、男性は40歳から5歳間隔の人。
広島市の骨粗しょう症検診についてはお住まいの区の保健センターへお問い合わせください。

骨粗しょう症の治療は?~治療効果の高い薬も増えています~

骨粗しょう症になると骨を元どおりの状態へ戻すことは困難です。現状を維持する治療が基本です。が、最近はすぐれた効果が報告されている薬も増え、高い治療実績があげられています。骨粗しょう症治療薬
骨密度の低い患者さんに効果のある薬、骨が折れた部分へ直接作用する薬など、年齢や症状に合わせた治療ができます。安心して専門医に相談ください。

骨粗しょう症の予防は? ~食生活と運動に気をつけましょう~

allergeic_substanceカルシウムは1日700~800mgが理想!

カルシウムは骨を作るのに欠かせません。乳製品や魚料理を積極的にとるよう心がけましょう。

ビタミンDは太陽の光と干しシイタケから!

shiitakeビタミンDを多く含む食品カルシウムの吸収を助ける成分として大切なのがビタミンDです。また晴れた日に屋外で15分程度太陽に当たるようにすれば効果的です。

毎日の運動をコツコツと継続!

working筋肉の刺激を骨に伝えるために、意識した習慣を持ちましょう。30分程度のウォーキングやストレッチを続けることから始めるとよいでしょう。

キラリVol.42 Springより(編集・発行 社団法人広島市医師会)

健康・医療のヒント

耳鼻咽喉科・内科・呼吸器科・アレルギー科 TEL 082-241-4187 月曜日午前中のみ 9:00~11:30
休診日 日曜日・祝日

健康・医療のヒント

PAGETOP
Copyright © 杉本クリニック All Rights Reserved.