広島市中区の耳、鼻、喉の専門医、耳鼻咽喉科、内科、呼吸器科、アレルギー科

日本の中の共産主義社会-勤務医-

日本の中の共産主義社会-勤務医-

福山市民病院 外科部長
広島県医師会勤務医部会副部会長 井 谷 史 嗣 氏

先日手術講習会で6年ぶりに上海の動物ラボを訪れた。前回はビルの多きと空気の汚さ、人の多さ、マナーの悪さに閉口し手術どころではなかったが今回の変貌ぶりにはいささか驚いた。上海万博に備えたものだろうか、街も空気もかなりきれいになっており太陽と青空が見えるのには驚いた。前回は晴れていても光化学スモッグに覆われているような感じで太陽もオレンジ色にしか見えなかった。

動物ラボに行くバスの途中で、ある消化器外科医の愚痴とも言える意見を拝聴し、まったく同感だと思った。そういえば民主党政権となり、早速手術関連の診療報酬が上がったことはわれわれ外科医にとってはありがたいことだが、給与面にも反映されたという話はいまだ耳にしていない。

まずは専門医制度の問題。学会は山ほど専門医を作るが、指定の講習会はほとんど週末に行われる。われわれ外科医は週末をつぶして、しかも自費で参加している。しかも専門医をとったからといって報酬にはまったく反映されない。こんな馬鹿なことはない。

次は手術費用に関する話。日本では専門医、いや超一流の外科医が手術しても研修医がやっても同じ代金ということは当たり前の話だが、先進国で、いや世界中でこんな国があるかどうか実は知らない。以前から言われていることではあるが、あらためて考えてみると理不尽な話だ。そこで、何カ国かの手術費に関して調べてみた。

まずは言わずと知れたアメリカ。Surgeon’s feeが当然の世界で、医師によって当然値段が違う。しかも馬鹿高い。手術によっては一件あたり300万円ほどのfeeが入ってくるらしいが、身近な虫垂切除術を例に比較してみよう。

海外各地の虫垂切除術の手術代ランキング(AIU保険会社)では、こんな結果が出ている。最も費用が高かったのが、ニューヨーク。次いで、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ボストンという順でアメリカの4都市が上位を占めていた。また日本では手術すると約1週間の入院という常識も、海外では大きく異なり、ニューヨークでは平均1日、パリでは平均2日の入院という結果が出ている。

一口に虫垂炎と言っても、症状は千差万別。腹膜炎を併発しているケースも多く、この場合は手術料も一層高くなる。また、どの病院に入院するかによって料金にかなりの差がでる都市もある。

<虫垂炎手術入院の都市別総費用ランキング>

順位 都市名 平均費周 平均入院日数
1 ニューヨーク 243万円 1日
2 ロサンゼルス 194万円 1日
3 サンフランシスコ 193万円 1日
4 ボストン 169万円 1日
5 香港 152万円 1日
6 ロンドン 114万円 5日
11 グアム 55万円 1日

しかも、専門医ならいくら、レジデントならいくらというように値段を提示されたという話もよく開く。

日本では、手術が下手で時間がかかれば時間外手当により報酬が増える。術後合併症が起きて対処するとさらに手当は増える。短時間で手術を終え、合併症もないと逆に報酬は少なくなる。こんなことは、他の業界からは考えられない事実ではないだろうか?香港でも外科医によって値段が違うのが当然だと言われた。

ちなみに、ニューヨークの某ユダヤ系の病院で膵膿瘍の診断を受け膵体尾部切除が望ましいと言われた福山出身の男性は、600万円までカバーできる保険に加入していたので大丈夫だと思っていたら、約1,600万円の見積もりを見せられ、1,000万円の自己負担を要求されたためあわてて帰国、当院で手術を受けられた。

特に大きな合併症もなく手術は終了し、日本の保険診療で30万円弱の請求、しかも高額医療などで戻ってくるものもあるだろう。さらに、保険会社は手術費用があまりに安かつたから往復の航空券代もカバーしてくれたとのことであった。患者の立場から見た場合、これだけの高度な医療を安く受けられるのは日本くらいしかないのではないか。勤務医にとって労働環境は過酷であつても、患者になったときのことを考えて現状を我慢しているのではという考えも成り立つ。

話を中国に戻すと、共産主義国の中国でさえ、医師の基本給与はやや低いとはいえ手術をすればするほど報酬が得られる制度となつていると聞く。 日本の制度は中国以上に共産主義社会そのものではないだろうか。いつまで外科医(勤務医)のモチベーションを維持できるか疑問である。上海の急速な変貌を目の当たりにすると5年から10年のうちに日本から中国に医師が出稼ぎに行くなどと言うこともあり得るかもしれない。

患者から見たらすばらしい日本の医療制度を維持、あるいは、より良くしつつ医師の待遇の改善を図れる政策を強く望むところである。

広島県医師会速報 2010年5月25日より

-このコラムは本人の了承を得て掲載しています-

健康・医療のヒント

耳鼻咽喉科・内科・呼吸器科・アレルギー科 TEL 082-241-4187 月曜日午前中のみ 9:00~11:30
休診日 日曜日・祝日

健康・医療のヒント

PAGETOP
Copyright © 杉本クリニック All Rights Reserved.