広島市中区の耳、鼻、喉の専門医、耳鼻咽喉科、内科、呼吸器科、アレルギー科

20・30代がん検診中止要望―科学的に根拠無い 倫理的に問題

20・30代がん検診中止要望―科学的に根拠無い 倫理的に問題

乳がんのため24歳で亡くなった女性を取材した番組「余命1カ月の花嫁」をきっかけに、TBSが20~30代女性を対象に行っている乳がん検診を中止するよう求める要望書を、医師や患者ら38人が9日、同社に提出した。20~30代への乳がん検診の有効性に科学的根拠はなく、不必要な検査につながるなど不利益が大きいと指摘している。

TBSに医師・患者ら

要望書を提出したのは、中村清吾・昭和大教授や上野直人・米MDアンダーソンがんセンター教授ら、乳がん治療の第一線で活躍する医師のほか、がん経験者、患者支援団体のメンバーら。「科学的根拠のない検診を、正しい情報を発信すべきテレビ局が行うことは倫理的に問題が大きい」として、検診の中止を含め活動の見直しを求めた。また検診を20~30代女性に限定している理由などを問う公開質問状も内容証明郵便で送った。

国は指針で、乳がん検診は40歳以上を対象に、マンモグラフィー(乳房Ⅹ線撮影)検査と、医師が胸の状態を診る視触診の併用を推奨している。要望書は、20~30代女性への検診は、放射線被曝やストレスを増やし、がんを見逃す場合もあると指摘。メディアの役割は、異常を感じたら医療機関へ行くべきと呼びかけることだとした。

TBSは2008年から検診を実施。これまでに約7千人がマンモ検診を受けた。今年も、15日から舞台で上演されるのと連動し、東京や大阪などでエコー(超音波)検診を実施している。

年  代 マンモグラフィー エコー
 20代〜30代  × ×
40代
50歳以上

TBSのコメント

要望書で指摘されている点は、現在の医学界の基準的な考え方で、反論するところはない。ただ、40歳未満の乳がん罹患者は年々増えており、あくまでも自己責任・自己負担で検査を受けることは意味があると考えている。

裏付けデータなく

がん検診は、何も症状が無く健康な人を対象にする。早期にがんを見つけることにより、命を落とさずに済む点が最大のメリットだ。

しかし、検診にはデメリットもある。例えば「がんの疑い」と言われ、結局がんではなかった場合。受診者は不必要な精密検査を受け、結果が出るまで不安な日々を過ごす。検診でがんが見逃されれば、そのせいで安心してしまい治療が遅れることもある。

乳がんは女性に一番多いがんで、患者数は5万人を超える。最もなりやすいのは40代後半で、20代でなる確率はその年代の70分の1と低い。若い人は乳腺が濃く、マンモではがんと同じように白い画像になり見分けがつきにくい。 マンモもエコーも、20~30代の検診が死亡率を減らすという効果を裏付けるデータはなく、検診を導入している国はない。血縁者に乳がんが多い人や胸のしこりなど異常を感じた場合、乳腺外科で診てもらうことが重要だ。

-2010年6月10日朝日新聞より-

健康・医療のヒント

耳鼻咽喉科・内科・呼吸器科・アレルギー科 TEL 082-241-4187 月曜日午前中のみ 9:00~11:30
休診日 日曜日・祝日

健康・医療のヒント

PAGETOP
Copyright © 杉本クリニック All Rights Reserved.