広島市中区の耳、鼻、喉の専門医、耳鼻咽喉科、内科、呼吸器科、アレルギー科

自然治癒力うたう民間療法 ホメオパシー効果否定

自然治癒力うたう民間療法 ホメオパシー効果否定

日本学術会議 医療現場排除へ

通常の医療とは異なる民間療法「ホメオパシー」について、日本学術会議(会長=金沢一郎東大名誉教授)は24日、「科学的な根拠は明確に否定され、荒唐無稽」とし、医療従事者が治療で使わないよう求める会長談話を発表した。山口市の女児ら死亡例が出たことを重視し、医療現場から排除する必要があると判断した。科学者の代表機関が、特定の療法を否定するのは極めて異例だ。

金沢会長が会見で発表した。日本医師会や日本歯科医師会、日本獣医師会など6団体も談話に賛同し、会員に周知する方針だ。厚生労働省は、普及団体について、医師法や薬事法などの観点から注目し、情報収集を始めた。

会長談話では「医療関係者の間で急速に広がり、養成学校までできていることに強い戸惑いを感じる」とした上で、「治療効果は明確に否定されている」と指摘。さらに「今のうちに、医療現場から排除されないと『自然に近い安全で有効な治療』という誤解が広がり、深刻な事態に陥ることが懸念される」として、医療関係者が治療に使うことは厳に慎むよう呼びかけた。一方で、「十分理解した上で、自身のために使用することは個人の自由」としている。

学術会議の唐木英明副会長は「科学的に全否定されているものを医療従事者が使えば、患者を通常の医療から遠ざけかねず危険だ。『ホメオパシーは効かない』というメッセージを伝えることが重要と考えた」と説明した。 日本学術会議は、約84万人の科学者の代表として選ばれた210人の会員と、約2千人の連携会員からなる日本の「頭脳集団」。政府への政策提言や社会啓発などを行う。

学術会議では、皇室医務主管で神経内科医の金沢会長や、東大名誉教授(毒性学)の唐木副会長らが1年半ほど前から、この問題について議論してきたという。今年に入り、ホメオパシーを受けている人たちの中で、通常の医療を拒否して、死亡したり症状が悪化したりした疑いの濃い例が相次いで表面化した。

山口地裁では5月、新生児が一般に投与されるビタミンK2を与えられず死亡したとして、ビタミンK2投与の代わりにホメオパシー療法を行った助産師を相手取り損害賠償を求める裁判も起きている。こうしたことを受けて、学術会議では急きょ、会長談話を出すことを決めた。

「世界情勢と隔たり」

会長談話について日本ホメオパシー医学協会は「ホメオパシーの治癒効果は世界中で広く認められている。きちんと調査することもなく、荒唐無稽と断定する極めて非科学的な態度にあきれている。世界的にも普及しており、日本学術会議の見解、認識は世界の情勢と著しく希離している」とするコメントを寄せた。

ホメオパシー療法

植物や昆虫、鉱物などの成分を限りなく薄めた水にして砂糖玉に染み込ませた「レメディー」を、飲み薬のようにして使う民間療法。がんや皮膚病、精神疾患などほぼすべての病気を治療できる、と推進団体は主張している。

欧州では200年の歴史があり、一部の国では公的医療保険も適用されてきたが、ドイツでは2004年から、スイスも05年から保険通用をやめた。世界保健機関(WHO)は今年2月、ホメオパシーの安全性に関する勧告を出している。

ホメオパシーとは

homeopathy薬にあたる「レメディー」を飲み、治療する。レメディーは数千種あり、療法家が患者の症状に合わせて、どれを使うか選ぶ。

 

日本ホメオパシl医学協会の主張

がんやアトピー性皮膚炎など、多くの病気を改善できる
薄めた元の物質の「パターン」がレメディーに記憶されており、自然治癒力が高まる
現代医療を否定せず、協力していく

日本学術会議の会長談話

  • 荒唐無稽。効果はあるはずがない
  • 頼ることで、通常の治療機会を逃しかねない
  • 治療に用いることは厳に慎むべきだ

医療拒絶 防止へ警鐘 ホメオパシー排除声明

砂糖玉をなめれば、病気が治るという代替療法「ホメオパシー」に、日本の頭脳集団、日本学術会議が24日、荒唐無稽と「ノー」を突きつけた。副作用も明らかになっている通常の医療に比べ、「自然だから安心」と、自然派志向の女性たちを中心に広まりつつある。しかし、傾倒するあまり、通常の医療を否定して病院から遠ざかり、命の危険にさらされる人たちも出ている。

傾倒拡大に危機感

「この談話で一番重要なのは、ホメオパシーは科学的に否定されているということです」。日本学術会議の唐木英明副会長は記者会見の冒頭、強い口調で言った。

ホメオパシーへの危機感を強めたのは、医学系の学術会議で、ホメオパシー関連商品の展示が増えているのに気づいたのがきっかけ。宣伝本をみると、大学病院や公立病院など約20の医療機関が掲載されており、衝撃を受けた。

さっそく金沢一郎会長に相談。金沢会長は、昨年2月の厚生科学審議会で「(ホメオパシーについて)審議会も把握しておくべきだ」と警告した。

ドイツでは2004年から、スイスでも05年からホメオパシーへの公的医療保険通用をやめていた。だが、完全に規制するのは難しい状況になっていた。世界保健機関(WHO)は今年2月、ホメオパシーの安全性に関する勧告を出していた。

社会への影響を考え、日本医師会などの団体に水面下で協力を呼びかけた。だが「なぜホメオパシーだけ」といった反対意見もあり、議論はなかなか進まなかった。

長寿昭厚生労働相は今年1月、「統合医療はホメオパシーなど色々ある。厚生労働省としても、その効果も含めた研究に取り組む」と発言。漢方やはり.きゅうなども含めた統合医療を研究するプロジェクトチームを立ち上げた。

厚労省も、医師法や薬事法の観点から情報収集は始めていた。ただ、特定の団体が通常医療から患者を遠ざけているとの指摘に、「そうした行為を法律で取り締まるのは難しい」との立場。ホメオパシーについて結論は出ていない。

そんな中、昨年10月に山口市で起きた女児死亡が転換点となった。各学会が「ホメオパシーは危険」との認識で一致、今回の談話につながった。

「現代医学は否定せず ホメオパシー医学協会側

ホメオパシー医学協会側 「予防接種はがんを作っています。これは、事実です」

今年5月、東京都内の日本ホメオパシー医学協会の施設で開かれた講演会で、由井寅子会長はこう断言した。この講演会の参加者の一人は「涙あり、笑いありの2時間半で、全く飽きなかった。聴講者は熱心にメモを取り、最後は泣き出す人もいた」と話す。

由井会長は「予防接種トンデモ論」などの著書で予防接種を「体の中に入る人工毒の代表」として批判している。アトピー性皮膚炎や自閉症、がんなどは予防接種による「医原病」と指摘。薬にも「(病気の)症状を抑え、自然治癒力を弱める」と否定的で、ホメオパシーで使う砂糖玉の役割は、その薬の排泄反応を起こすこと、と説明している。

日本学術会議の記者会見には、同協会の機関誌記者も出席。「どの程度、調査したのでしょうか。あまり深くないように思うが」と質問する場面もあった。

同協会はこれまでの朝日新聞の取材に対し、「現代医学渦否定しておらず、協力する立場」と答えてきた。その一方で、8月13日のメールマガジンでは「一連の報道は、日本の国民により一層広く普及していくために通らなければならないステップのようなものだと思います」と、会員に結束を呼びかけていた。

ホメオパシーを推進する団体は同協会以外にもあるが、いずれも一線を画している。医師や歯科医師ら約400人の会員を抱える日本ホメオパシー医学会専務理事の坂村静子医師は「ホメオパシーのみを信じ、必要な現代医療を受けなかった人々が出たことは残念。ホメオパシーは医療の選択肢の一つとして、医師が行うべきだと考える」と話す。東京で13年間、療法家の養成学校を開く日本ホメオパシー振興会の永松昌泰代表は「医学協会の活動や言動がいたずらに現代医学に否定的な行動を誘発している。そうならないよう、当会は細心の注意を呼びかけている」と説明する。

「症状悪化は好転」あわや トラウマ突かれ泥沼に 元利用者ら

2008年春、埼玉県内の病室で、血中酸素濃度の危険な低下を示すブザーが鳴った。生後8カ月の娘が重い肺炎でせき込む。母親(40)は青ざめた。風邪をひいて1週間。ホメオパシーの療法家に「薬と併用はだめ」と説かれ、ホメオパシーだけに頼った結果だった。

母親がインターネットを通じて付き合う「自然派ママ」の間ではやっていたホメオパシー。疑心暗鬼だったが、07年ごろ、腰痛の時に試すと、腰が軽くなったような気がし、効果を信じ始めた。08年1月、娘が風邪をこじらせ、医師の薬と同時に、ホメオパシーで使う砂糖玉を口に含ませたが、気管支炎に。療法家に相談すると「薬を使うならホメオパシーはやめて」と言われた。

推進団体は、ホメオパシーが効くと、いったん症状が強まる「好転反応」が起こると説明する。反応は自然治癒力が上がった証拠だが、薬と併用すると、この反応を抑えて体の負担になってしまう、と療法家に説かれた。

3月、娘がまた風邪をひいた。ホメオパシーで乗り切ろうとしたが、症状は日々悪化。1週間後、不安に耐えられなくなり、病院行きを決めたという。母親は、「娘は入院9日で済んだが、もっと私が洗脳された後なら、危なった」と振り返る。

日本学術会議が最も懸念するのは、ホメオパシーが通常の医療から患者を遠ざけてしまう点だ。30代の女性もそんな一人だ。

「ホメオパシーは宗教のようなもので洗脳されていた。どんな症状でも過去のトラウマと結びつけて説得され、泥沼にはまつてしまった」

数年前、不眠が続き、精神科で処方された睡眠導入剤や抗うつ薬を飲んでも効かなかった。ある雑誌で興味を持ち、日本ホメオパシー医学協会が主催する講演会に申し込むと、個室に通され、DVDを見せられた。「好転反応」の説明と、アトピー性皮膚炎で真っ赤な赤ちゃんが登場し、由井実子会長が「症状はありがたい」と訴えていた。

鑑賞後、子どもの頃のトラウマなどを記入するよう求められた。相談料は1万円。ホメオパシーに使う砂糖玉セットや、砂糖玉を電磁波から防ぐ布袋などに約2万円を支払った。

毎日、砂糖玉を飲んだ。しかし、不眠は治らない。療法家に相談すると、「症状は、あなたが味わった過去の痛みだから受け入れて。医者に行かないで」と言われた。半年間、毎月約1万5千円を支払い続けた。

女性は効果を信じて、協会が主宰するホメオパシーの専門学校に通うことにした。授業料は2年間で300万円超。しかし、人が亡くなってもホメオパシーを正当化する主張に疑問を感じ始め、2年ほどで縁を切った。

自然派志向の女性たちを中心に広まる理由について、代替医療に詳しい埼玉医科大の大野智講師は「通常の医療は、副作用も明らかになっているため『危険』と思ってしまう。一方で、ホメオパシーなどの自然に近いとされるものは『安全』と信じ切って、口コミで広がるのではないか。リスクが評価されていないだけで自然イコール安全ではない」と指摘する。

-2010年6月10日朝日新聞より-

健康・医療のヒント

耳鼻咽喉科・内科・呼吸器科・アレルギー科 TEL 082-241-4187 月曜日午前中のみ 9:00~11:30
休診日 日曜日・祝日

健康・医療のヒント

PAGETOP
Copyright © 杉本クリニック All Rights Reserved.