広島市中区の耳、鼻、喉の専門医、耳鼻咽喉科、アレルギー科、呼吸器内科

血圧目標130-80未満

学会指針 欧米並み厳格化

 日本血圧学会は、高血圧患者の治療目標とする血圧を今までより10引き下げ、上130、下80未満とする新しい治療指針を発表した。高血圧は、脳卒中や心筋梗塞などにつながる最大の要因とされる。

 高齢化が進み中、治療目標を厳しくすることで、生活習慣の改善などを強く促し、脳卒中などを予防して健康寿命を延ばすことが狙いだ。国内には、約4300万人の高血圧患者がいると推計される。
 指針は約5年ごとに改定されている。新指針では、高血圧と診断する基準は上140以上または下90以上で変更しないが、治療目標は、75歳未満の場合、原則、上130、下80未満とした。既に心筋梗塞や糖尿病などがある人も同じだ。
 ただ、、75歳以上は、血圧を下げる薬の影響などでふらついて転倒する恐れが高いことから、上140、下90未満とした。

 
75歳未満 130 80
心筋梗塞などの患者 130 80
慢性腎臓病(たんぱく尿陽性)・糖尿病の患者 130 80
75歳以上 140 90

 新指針で治療目標を厳しくするのは、国内外の最新の研究結果を反映させるもの。学会によると、血圧が上120、下80を超えると」、脳卒中や心筋梗塞で死亡するリスクが高まる。上の血圧を10または下を5低くできれば、死亡するリスクは10~15%下がるという。
 すでに欧米では昨年、指針が改定され、18~65歳の治療目標は上120~130、下70~79。米国も診断基準が上130、下80以上になり、世界的に高血圧に対する治療を積極的に行う流れが強まっている。

-読売新聞より抜粋-

健康・医療のヒント

耳鼻咽喉科、アレルギー科、呼吸器内科 TEL 082-241-4187 月曜日午前中のみ 9:00~11:30
休診日 日曜日・祝日

健康・医療のヒント

PAGETOP
Copyright © 杉本クリニック All Rights Reserved.