広島市中区の耳、鼻、喉の専門医、耳鼻咽喉科、内科、呼吸器科、アレルギー科

「がん」部位別10年生存率

がん10年生存なお開き 部位別調査

前立腺95%、膵臓5%など

全国がん(成人病)センター協議会は16日、がん患者の部位別10年生存率を公表する。全体での生存率は58.5%で治りやすいがんと難治性がんで大きな差があった。
10年生存率の公表は2016年に続き2回目、00年~03年に専門的ながん治療を行う20病院で診療した4万5359にんのデータを基に、診断から10年後のがん生存率を算出した。がん以外の病気で亡くなる場合もあるため、、がん以外の死亡の影響は補正した。
生存率が最も高いのは前立腺がんの94.5%、最も低いのはすい臓がんの5.1%だった。
5年と10年で生存率の経過を見ると、乳がん(5年89.3%、→10年16.4%)は定価の幅が大きく、5年以降も定期的な診療を受ける重要性が浮かぶ上がった。一方胃がん(5年70.1%→10年67.3%)や大腸がん(5年72.2%→10年69.2%)は定価の程度は小さかった。
群馬県立がんセンター前院長の猿木信裕・群馬県衛生環境研究所長は「生存率は多数の患者の平均的な数値で、患者一人ひとりの余命を予測するものではない。また、10年間でがん治療は進歩しており、現在治療を受けている人の今後の生存率はさらに向上する可能性がある。これらを理解した上で、主治医と診療方などを相談する時の参考にしてほしい」とはなす。

健康・医療のヒント

耳鼻咽喉科・内科・呼吸器科・アレルギー科 TEL 082-241-4187 月曜日午前中のみ 9:00~11:30
休診日 日曜日・祝日

健康・医療のヒント

PAGETOP
Copyright © 杉本クリニック All Rights Reserved.